貴方の困りごとをバツイチ奥様がお手伝いに伺います。

賃金格差社会…是正される⁉

賃金格差社会…是正される⁉

バツイチ・シングルマザー・専業主婦・子育て中の方
もちろん、シングルの女性も大歓迎

朝10時~深夜2時までの時間のうちから
ご自身の都合のいい時間帯に1回4時間以上出勤できれば
お仕事していただけます。

経験や資格など一切不要で…
80分≒10,000円の出来高制・高収入アルバイト!

お客様の元へうかがい
ご要望におこたえするだけの簡単なお仕事です。


■正規と非正規雇用の賃金格差

昨今…【格差是正】という課題がしきりに叫ばれています。
富裕層と低所得者層の格差。
正規・非正規雇用の賃金格差や、男女の賃金格差など…【格差】という課題は様々です。

 

賃金格差の問題には、
1,正規雇用と非正規雇用の賃金格差
2.男女の賃金格差
という大きな2つの課題があります。

では…【賃金格差】とは、いったいどの程度なのでしょうか!?
厚生労働省が実施する、賃金統計を基に年齢や性別の違いも含めて確認してみましょう。

小規模企業の場合…

20歳ぐらいまでは、それほど大きくなかった正規雇用と非正規雇用での賃金格差が
30歳頃を境に50万円ほどまで膨らんでいき、
40歳代後半から50代後半までは、100万円以上になっていきます。
60歳を超えると格差は縮小傾向にあります。

小企業では、元々正規雇用者の給与ベースも低く
非正規雇用者給与の市場価格は一定程度であり
格差はそれほど大きくない傾向にありますが
正規雇用者は昇給する一方で、非正規雇用者の昇給はほぼ横ばいで
年齢が上がるほど収入差が開いていく傾向にあります。


一方、大企業の場合…

世紀と非正規の賃金格差は、25歳頃には50万円を超え
30歳の時点で100万円を超えてきます。
40歳で200万円。50歳~55歳では、300万円の賃金格差が生まれます。

大企業では正規雇用者の給与ベースも高く、非正規雇用者との賃金格差は大きい傾向にあります。
そして、大企業の正規雇用者は50歳まで一定率で昇給を続けるため、格差は年々増加していきます。


そしてもう1つ。男女の賃金格差。

25歳までは、それほど大きくない男女の賃金格差ですが…
30歳の時点では約50万円。45歳で約100万円。
50歳で約150万円ほどになり、55歳を過ぎると格差は少しづつ縮小していきます。

男女の賃金格差の大きなポイントは、昇給率。
入社時点では同一賃金ですが、昇給率の違いから年々賃金格差が開いていきます。

 

■賃金格差は埋まるのか?

私たち給与所得者の目線から見ると【賃金格差】は不公平に感じますが…
雇用する側の企業目線から考えるとどうでしょうか!?

非正規雇用制度は、少し能力は下がっても安い労働力を昇給することなく雇用できる
とても都合のいい制度です。
大企業の場合…30歳の従業員を正規で2人雇用と、非正規で3人雇用と同等の人件費支払いになります。

同じ仕事をこなすのに、原価として人件費がかかることを考慮すると…
正規雇用者のみとなると…2/3の人員で消化する必要があります。

もちろん、非正規雇用者ばかりというわけにはいきませんが
正規雇用者と非正規雇用者をバランスよく配置することで、ひとりあたりの業務負担は軽くなり
残業代の節約などの効果も上がります。

仮に同一労働同一賃金の原則を守り、非正規雇用者も正規雇用者と同一の賃金となれば
今までと同じ予算の仕事は、2/3の人員でこなすことが必要となり
給与支払いができない…1/3の人員は、削減されることになります。

この辺りの問題を政治的に解決することが可能であれば
非正規・パート・アルバイトの給与ベースも改善されるかもしれませんが
どれほど簡単なことではないでしょう。

■収益の高い企業にチャンス

『3年ルール』は皆さんご存知だと思いますが…
派遣社員は、同一派遣先企業での雇用期限があり、最長3年です。
同一企業への派遣を3年継続後のタイミングで、派遣先企業での直接雇用というチャンスがあります!

もちろん、このタイミングで契約終了となることもありますが
増収・増益を出し続ける企業は
売上の上昇と共に必要な人材も増えていきます。
新規で人材を確保するよりも、3年間勤務経験のある人の方が
企業側としては、断然メリットがあります。

この【3年ルール】のタイミングを睨んで派遣先の仕事に取り組むのも
賃金格差解消のための策としてはかなり有効です。

 

■Wワークで格差を埋める

既にお仕事している状態から、大きな賃金格差を埋めるためには
Wワークがおススメです!

時々…Wワークのお仕事に、今のお給料より低い仕事を選んでしまう方が居ますが
それだけは、大きな間違いです。
安い時給で時間を消費してしまうと、モチベーションも上がりませんし
そもそも、今の仕事にも悪影響を及ぼし両方ダメになってしまいます。
Wワークには…短い時間でも高い収入を得られる仕事選びが必要です。

今から学歴や職歴を変えることは簡単ではありません。
が…資格や経験にとらわれず、高い収入を得られる仕事はあります。

それが…デリヘルのお仕事です。

コロナ禍でも、風俗業界は割と堅調に推移しています。

もちろん例年に比べ10~20%ほどの集客は減少していますが…
元々の収入が多いお仕事なので
『食べることに困る。』とか『次の支払いがままならない。』など
一般的なお仕事減少のそれとは、無縁です。

収入は、一般的なOLの約4倍以上。
未経験でも簡単なコツさえ掴めば、
今の収入をアッという間に超えてしまいます。

『今月はブランドバッグ買うのは控えておこう!』とか
『今月の貯金はちょっと減らすか!?』って程度。
実際の生活に窮することは皆無です。

 

■意外にふつうの主婦やシングルマザーが多い!

デリヘルのお仕事は、意外にも一般的な主婦やシングルマザーが
昼間にお仕事をしながら、週末や夜の空いた時間帯に
ちょっと多めのお小遣いを稼ぎにくる女性が多いのです。

特別なテクニックや性癖などが求められることはなく
お客様と1時間程度の時間をちょっとエッチに楽しく過ごすだけのお仕事で
資格や経験など一切必要ありません。
思い立ったその日から簡単にはじめられます。

バツイチ奥様.comでは、顧客管理も徹底しております。
以前になにか問題のあった方のご利用を厳しくお断りをしていますので…
真摯で優しいお客様が多く、怖い思いをすることなどありません。

 

■特別な時間に!

毎回出勤のたびにお声がけしてくれるお客様や
知ってる企業の社長様など…
普段の自分の生活では出会えないような男性も多数いらしていただけて
楽しいお話や自分自身のためになるお話を聞くことができるのも
デリヘルのお仕事の楽しい一面です。

家事や育児に追われ、流れて行ってしまう人生の中
デリヘルの仕事の時間が、いい潤滑剤になっている方もいらっしゃいます。

不況の時代には、ふだんのお仕事もより厳しさを増し
ギスギスした雰囲気の中、ミスなど許されない状況にいらっしゃる方も多いと思います。
デリヘルという楽しいお仕事特有の少し緩い環境に身を置くことで
ふだんの仕事でのストレスも少し解消できるかもしれません。

実際、私も以前は、厳しい建設業の管理職を務めて
ISO基準やJIS基準など、厳しい規格の中にハメこまれていましたが
この業界に入って10年。仕事上のストレスは、かなり減少しました。

■簡単に準備だけしておける!

もしもの時のために…準備だけしておく。
デリヘルのお仕事への登録は簡単ですし、
ご自身の都合に合わせてお仕事ができるというのが最大のメリットです。

今の職場にバレることなく…
今のお仕事を辞める必要もありません。

今のお仕事のお休みに一日だけ出勤することも
お仕事終わりに数時間だけ出勤することも可能です。

そして…数時間の出勤でも
一般的なOLさんが稼ぐ1日分のお給料よりも少したくさんのお金が稼げます。

何かの時のために貯金しておくのも良いでしょう。
何かの時のための2番目の仕事を作っておくのも良いでしょう。

デリヘルのお給料は一般企業の約4倍の収入!
停滞した景気の中でも、安定した需要のあるお仕事。

<無理な勧誘など一切ありません!>
<お仕事の本数ノルマなどありません!>
<お仕事の講習はYoutube動画でカンタン!>

今の仕事よりも、少し気軽にお仕事していただけます。
是非、ご相談ください。

 

一度きりの人生です。
あなた自身のお仕事への向き合い方を少し変えてみてはいかがですか?

ちょっとした勇気が、貴女の人生を大きく飛躍させます!!!


『毎月の支払いがギリギリの生活!どぅしよう???』

そんな方は、当店のお仕事を検討してみてください。

週末の土曜日日曜日だけ8時間づつ出勤していただければ…
確実に本業以上に稼げます!

このサイトをご覧いただいたことが
あなたの生活を少しだけいい方向へ変えるチャンスかもしれません!?

一度体験してみて、『やっぱり無理だなぁ~』と思えば
スグに辞めることができるのも、このお仕事の良いところ。

明確な目標金額を設定して、達成したら辞める。
そんな女性も多いです。

『思い切って相談してみて良かった。』
そんな女性がたくさん働いています。

お仕事をするうえでは、様々なお悩みがあるでしょうが…

今現在。収入面やお仕事時間などでお悩みがあれば
是非一度、ご相談ください。

様々な角度から、真剣に考え…
あなたにとって最適な働く環境をご提案いたします。

無理な勧誘なども一切ありませんので
安心して、お電話ください。

▼求人専用フリーダイヤル
0120-460-194

求人担当:小俣泰造(おまた たいぞう)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。